高い意欲を持って

株式会社にお勤めの方には、よく知っている人も多いかと思いますが、《ストックオプション》というものがあります。
ストックオプションとは、企業が、主にそこで働く人たちが高い意欲を持って業務にのぞむことが出来るようになることを目的として導入されるものです。
オプションをストックすることであるわけで、これは具体的にはどういうことを指すのか、というと、ここでは大まかに書きますが、
株式会社が所有している株式を、そこで働く人たち――上は取締役から下は一般社員までのために、ストックしておき、彼らが株価の上昇によって株についた価値を手にすることが出来る、というものなのです。
つまり、自社の出した利益を、そこで働く人たちに還元することが出来る――これを、ストックオプションと呼ぶのです。
これは権利であり、これによって利益を手にすることは、「権利の行使」というふうに呼ばれます。

ストックオプションは会計や税務など、会社の経営状況と合わせて考えなければならない事柄です。利益が出て、それを社員が受け取る権利があるということですから、社内でお金が大きく動きます。
そういうわけで、ストックオプションを導入している会社では、このことが上手く機能するように、会計事務所のサポートを受けながら事にあたっています。
会計事務所がこのことのために会社に関わるのは、この制度が導入される準備段階からです。会計事務所が行なっているコンサルティング業務に、それは関わるものなのです。

ビジネスシーンにかかせない会計をもっと便利にもっと簡単にしませんか?会計システムのことならこちらがオススメです!
企業にとって色々と力になってくれるストックオプションの構築を行なう時には色々とアドバイスやサポートを受けることができるところを選んでみよう。

Copyright(C)2013 ストックオプションの導入 :会計事務所のコンサルティング All Rights Reserved.